コレクション: 料理と器の果てなき挑戦


〜料理と器の果てなき挑戦〜 穂高隆児・新作コレクション

「料理長」の愛称でも知られる陶芸家・穂高隆児は、かつて日本料理の世界で活躍し、料理を盛る器の美学に目覚めて陶芸家に転身した異色の経歴の作家です。
料理を知るからこその説得力と男気溢れる器の数々は、飲食店だけでなくご家庭で日常的に使いたくなる魅力的なものばかり。

一方、茶の湯方面にも作品は評価され、織部や墨流塩釉などの人気作を日々生み出しています。自ら「一日一盌」を掲げ、ストイックに茶碗と向き合う穂高を、いつしか人は「現代の魯山人」と呼ぶことになるでしょう。



穂高 隆児 HODAKA Ryuji

陶芸家 / 茨城県在住

1976 横浜に生まれる
1995 高卒後、日本料理人を志し修行を始める
1999 東京芝浦牡丹に入店
2002 在スペイン日本大使館料理人として渡西、皇太子殿下等の料理を担当
2004 帰国後、芝浦牡丹副料理長に就任
2008 支店料理長に就任
2011 陶芸家を志し茨城県窯業指導所に入所
2012 窯業指導所成形課終了
2013 窯業指導課実践課終了、笠間市にて独立・築窯

http://www.pakupakuan.jp/artist/HODAKA_Ryuji.html



Ceramic artist / Resident in Ibaragi pref.

【Brief Personal History】
1976 Born in Yokohama
1995 Started to learn to be a Japanese chef after graduation from a high school,
1999 Started to work for “BOTAN” in Shibaura, Tokyo
2002 Went to Spain as a chef of the Embassy of Japan in Spain
    In charge of meals for the Crown Prince
2004 Assigned vice chief cook of “BOTAN” in Shibaura after coming back to Japan
2008 Assigned chief cook of the branch after coming back to Japan
2011 Entered Ibaraki Prefecture Ceramic Institute (Present: Kasama Colledge of Ceramic Art) to be a potter
2012 Completed modeling course at Ibaraki Prefecture Ceramic Institute (Present: Kasama Colledge of Ceramic Art)
2013 Completed practical course at Ibaraki Prefecture Ceramic Institute (Present: Kasama Colledge of Ceramic Art)
    Independent and established his own kiln in Kasama City