コレクション: さぬきうるしの現在地


若き才が刻む象谷塗(ぞうこくぬり)の新たな歴史〜

江戸時代末期、讃岐に生まれた玉楮象谷(たまかじぞうこく)を発祥として発展した讃岐漆芸を継承し、次世代にその技を繋げていくべく、漆芸家・松本光太が立ち上げた工房「Sinra(森羅)」。

現代の生活に即したアイテムを次々と考案し、漆の可能性を広げて行く活動に注目しながら、ここでは酒器・茶道具を中心に最新作を揃えてお見せします。



松本 光太 MATSUMOTO Kota

漆工作家 / 香川県在住

【略歴】
1997 重要無形文化財保持者・磯井正美に師事
2010 瀬戸内国際芸術祭「漆の家プロジェクト」参加
2012 「-漆-五重奏」(京都高島屋美術画廊)
    「さぬきうるし Sinra」設立
2015 タイ・バンコクにて展覧会
2016 フランスにて展覧会
2018 中国・北京,タイ,シンガポールにて展示会
    フランスにて展覧会
現在、日本工芸会 正会員
「さぬきうるし Sinra」代表
数々の展覧会にて入選

【受賞】
2006 「日本伝統工芸展」・奨励賞受賞
2007 公益信託音丸漆芸研究奨励基金・受賞
2009 「香川県文化芸術新人賞」受賞

http://www.pakupakuan.jp/artist/MATSUMOTO_Kota.html



Lacquerware artist / Resident in Kagawa pref.

【Brief personal history】
1997  Leaned under ISOI Masami (Holder of Important Intangible Cultural Property)
2006  Encouragement Prize, “Japan Traditional Crafts Exhibition”
2007  Selected, “Encouragement Foundation of Charitable Trust Otomaru Urushi Lacquer Ware Research”
2009  Selected, “The Best Young Artist Award by Kagawa Prefecture”
2010  Participated in Setouchi Triennale “Maison de Urushi Project”
2012  “URUSHI -Quintet-” (Takashimaya Kyoto Store / Kyoto)
     Established Urushi lacker artists' group “sanuki urushi Sinra”
2015  Exhibition (Bangkok, Thailand)
2016  Exhibition (France)
2018  Joined exhibitions (Beijing, China / Thailand / Singapore)
     Joined exhibition (France)

Present Regular member of “Japan Kogei Association”
The representative of “sanuki usushi Sinra”